精神の病気による息切れ≪過換気症候群≫

精神の病気による息切れに、“過換気症候群”があります。

 

この病気は、精神面での持続的な不安や不満、怒り、緊張といった蓄積されたストレスによって起こると言われている心身症の1つで、何らかの誘因で脳内の呼吸中枢が過剰に刺激されて呼吸数が増え、血液中の二酸化炭素が減り過ぎて息が苦しくなり、手足や唇がしびれたり、陰脈や動悸、めまいなど、空気が吸い込めないような感覚に陥ってしまうものです。

 

一般にまじめで責任感が強く、几帳面、完璧主義など、感情を抑制する傾向の強い人に多く見られると言われ、時期によっては毎日発作を繰り返したり、中には激しい過呼吸と無呼吸とを繰り返して意識がもうろうとしてしまう人もいますが、死んだり後遺症を残したりすることはなく発作は数十分続いて時間の経過とともに症状は良くなっていきます。

 

高齢者の場合には“過換気症候群”が狭心症を誘発してしまうこともあるので注意が必要ですが、殆どの場合紙袋を口に当てて自分の吐いた息を吸い込むことによって血中の二酸化炭素の濃度を上げるペーパーバッグ法や、精神安定剤の注射などによって症状は比較的簡単に治まります。

 

けれども長い間に根付いてきた価値観や思考傾向というのは、本人が自覚して何としてでも改善しようとする積極的な姿勢がないとなかなか変えることはできないもので、ストレスを与えていると思われる環境を取り除いただけでは根本的な治療にはならないと言われますし、うつ病やパニック障害、強迫神経症などの精神疾患に付随して生じている場合には並行して治療を行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>