心臓の病気による息切れ≪心筋梗塞≫

“心筋梗塞”は、心臓の冠状動脈の血管の内側に血管内のプラークと呼ばれる脂肪の塊が破れてできた血栓が詰まって、心筋へ血液を送ることができなくなった状態をいい、冠状動脈が完全に閉塞して約40分後に心内膜側の心筋細胞が壊死してしまいます。

 

さらに心筋梗塞によって、全身に血液を送り出す役割を果たしている心臓の左心室のポンプ機能が低下すると、肺に血液が溜まって肺胞の中が水浸しになる肺水腫という状態になり、肺胞での酸素と二酸化炭素のガス交換がスムーズに行われなくなってしまうので一刻も早く処置を行うことが重要であると言われています。

 

心筋梗塞では、息切れや動悸、締めつけられるような息苦しさという症状が前兆として現れることも多いと言われます。

 

また心筋梗塞が起こって命が助かったとしても、心筋の細胞が壊死した範囲が広い場合にはその後に“心不全”や“不整脈”を起こしやすくなります。

 

“心不全”は、心筋梗塞によって心臓の細胞の一部が破壊されてポンプ機能が起こることによって、全身に十分な量の血液を送ることができなくなってしまい息切れの症状などを起こすもので、最初は階段を上る際に苦しさを感じる程度ですが、ひどくなると食事をするだけでも疲れたり、夜間に呼吸困難に陥ることもあります。

 

心筋梗塞の後遺症には“不整脈”もあり、中でも心室細動という不整脈は心室が痙攣をおこしたような状態になって心臓のポンプ機能が損なわれて血液を送り出すことができなくなるもので、急に激しい動悸や息切れが起こって数分間で死に至る危険なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>