肺の病気による息切れ≪閉塞性肺疾患≫

肺胞が硬くなって膨らみにくくなる“拘束性肺疾患”に対して、気管支の枝の部分が狭くなって息切れや咳、痰などを伴う病気に“慢性気管支炎”や“肺気腫”、“気管支喘息”などの“閉塞性肺疾患”があります。

 

“慢性気管支炎”は原因不明の頑固な咳や痰が長く続く病気で、発症の危険因子として長期間の喫煙が挙げられます。

 

私たちの気管支内の粘膜には粘液を分泌する“杯細胞”という細胞があって呼吸によって体内に異物が入ってきたら粘液でとらえて痰としてのどの方に押し出してくれますが、長期にわたるたばこなどの有害物質の刺激によって杯細胞の数が増え、痰の量も増えて黄色い痰や血液の混じった痰が出てくることもあります。

 

こうして気管支の部分では、硬くなった粘液が線毛の働きを妨げるために病原体の数も増えて慢性気管支炎が起こり、咳や息切れ、喘鳴といった症状も悪化し、気管支の周りの壁も傷ついて弾力性がなくなり、そこに痰が溜まる“気管支拡張症”を引き起こしたり、さらに殆どの場合、肺胞が拡張したまま戻らなくなって吸い込んだ息を十分に吐き出せなくなる肺気腫の症状を伴うことから、“慢性気管支炎”には“慢性閉塞性肺疾患(COPD)”という診断名が下されることが多いようです。

 

そして、病気が進むと坂道や階段の上り下りで咳や息切れが起こったり、呼吸困難をきたすこともあります

 

一方同じ“閉塞性肺疾患”でも、“気管支喘息”の場合は疲れたり冷たい空気に当たったりしただけで喘鳴や咳、息切れの症状を伴う発作が突然始まって非常に強い呼吸困難に陥ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>